白川茶と菊乃園

白川町・東白川村は国内のお茶の主産地の中では自然環境の厳しい山間部に位置しており、
昼夜の温度差が大きい高地特有の気候です。
急峻な山間の地形、段々の石垣畑で慈くしむように育てられた美濃白川茶は、
山間に立ち込める深い朝霧が遮光と保温効果をもたらし、
ゆっくりと旨味を蓄えながら山の風味豊かな味と香りを育みます。

明治40年、初代菊次郎がお茶の販売をはじめ、
その後「本当に美味しいお茶をお届けしたい」その一心で、
手揉み茶を「生産から販売まで」としたのが、当店の原点です。
創業以来厳選した茶葉を熟練のお茶職人が丹精を込めてお茶造りを続けています。

私どもお茶の菊之園は、味・香りなど当店の定めた厳しい基準に合格したお茶だけを厳選し、お届けしております。
この厳正な基準に合格できるお茶は、歴代のお茶職人が脈々と受け継いできた「火入れ」の技術によって生み出されています。
その日の様々な自然条件を考慮して「火入れ」をします。

当店のお茶職人が造るお茶は、お茶本来の味を最大限に引き出すようこだわりをもって製造しています。
そんなこだわりをもって造られたお茶は、芳醇な香りをそのままに表現しています。
原料であるお茶の葉は、ヤブキタを使用しています。

お茶の菊之園は、岐阜県白川町に実店舗を2店舗展開しております。
お客様からのご意見から新商品が生まれたりと「お客様の声」が当店の宝です。
インターネットにおいてもお客様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えております。

オンラインショッピング

PAGE TOP